薬剤師バイト│女性薬剤師の復職・家庭との両立は可能か

女性の薬剤師バイト:最近の転職事情について

薬剤師は意外と転職する方が多くいます。転職といっても大げさかもしれないかもしれませんが、たとえば妊娠・出産を控えた女性は、生活の見直しで勤務形態を変えます。この時、時間の都合のつく勤務先へと転職するのです。
夜勤専従看護師としてたくさん働ける診療科とは?

薬剤師はフルタイムの他、パートやアルバイトとしても求人があり、病院だけでなく薬局やドラッグストアまでその受け入れ先はあります。また需要は都市部だけに限らず、地方にもありますので、地元での就職がしやすいと言えます。地方では特に薬剤師が不足しており、待遇の良い勤務先を見つけることができるはずです。

さて、薬剤師のブランクはマイナス評価になるのでしょうか。ブランクの有無にかかわらず、昨今の薬剤師の仕事はコンピューターで入力作業が発生します。そのため、コンピューターが扱えないことが、マイナスになります。

ただし、コンピューターが苦手な人でも、薬局事情に詳しい人なら転職ができるかもしれません。しかし、日々医薬業界も進歩していますので、相応の努力は必要でしょう。

薬剤師の給与についてですが、勤務先や経験によって違いが出てきます。また責任の重さや、仕事内容も変わり、一概に言えません。例えばドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は400万から700万前後になっています。一方、調剤薬局や病院ではその上限が少し下がり、製薬会社では800万程になるそうです。

しかし、いくら働く時間の都合がつくからといっても、受け入れ先には限りがあります。残念ながら育児を理由にアルバイトやパートで働くなら、同じような時間帯に働きたいという女性が偏ってしまいます。そのため、今までのように都合の良い時間だけ働くことができなくなるかもしれません。

また、むやみやたらに転職を繰り返してきた人も、受け入れ側は良く思いません。当然、離職の可能性がある方より、長期間働いてくれる方を優先するでしょう。女性にとっては、働きにくい環境になりつつあります。国が制度や環境を母親になる女性に配慮して改善していかなければなりません。

薬剤師が抱く服薬指導の悩み

服薬指導に対する悩みは深刻で、時にはクレームや苦情に心を痛めて、転職を余儀なくされる薬剤師もいます。

服薬指導は患者さんにとっても重要なものであり、副作用の危険性を伝えて、薬の組み合わせなどをしっかり管理する必要があります。 患者さんは薬が持つ効果を充分に得る為にも、薬剤師の服薬指導をきちんと受けるべきなのです。

しかし、残念ながらすべての患者さんが服薬指導を真剣に聞いてくれるわけではありません。

勝手な都合で服薬指導を聞かなかったり、手短に説明しろと言う患者さんもいますが、このような患者さんは服薬指導を聞かないにも関わらず、いざ何かあった時は薬剤師に苦情を言って責任を転換してきます。

薬によっては注意が書かれた紙と一緒に処方されますが、目をしっかり通していればそもそもトラブルは起きないはずです。 こうした服薬指導の悩みは尽きることがなく、実習生の頃から悩み続けている薬剤師もいます。

実習の時から患者さんへの服薬指導を行うことになりますが、患者さんに「急いでいるからいい」などの理由で断られ、服薬指導の経験を充分に積めないまま薬剤師として働くと、実務でうまく服薬指導ができません。

患者さんに嫌な思いをさせないようにと悩んでしまう薬剤師もいますが、患者さんからすると、長い時間待ってようやく薬が受け取れるわけなので、やっと帰れると思っている時に服薬指導をされるとイライラしてしまう気持ちもわからなくもないです。

とはいえ、服薬指導はしっかり行わなければいけませんが、患者さんから時には八つ当たりされることもあり、服薬指導の悩みは尽きません。

また、副作用にかかった経験がある患者さんにあたった時、どのような対応をとったらいいのか戸惑ってしまう薬剤師もいるようです。

服薬指導の悩みを職場の人に相談してもいいのですが、フォローできる体制がしっかりしているとは限りません。 相談できる人がいないと悩んでいる方は、転職支援サイトのコンサルタントを利用することをおすすめします。
正信会 水戸病院

薬剤師の資格:感染制御専門薬剤師

年々高度化、専門化していく医療業界の中で、薬剤師も専門化が進んでいます。そのひとつが「感染制御専門薬剤師」です。病院など医療機関で常時気をつけなければならないことのひとつが感染症対策です。医療機関では感染症が発生しやすく広がりやすい上、感染症にかかりやすい状態の人が多くいます。

特に近年では各感染症について耐性化が問題となっており、より繊細なケアが必要となっています。こうした中、感染制御専門薬剤師には感染の防止についての役割が求められるのです。

感染制御専門薬剤師は感染やその予防に関する様々な知識が必要ですが、中でも抗生物質と消毒薬については深い知識が求められます。先述したように抗生物質は非常に便利で有益な薬剤であると同時に、耐性菌を発生させやすい薬剤でもあるからです。同じく消毒薬についても、原因菌への効果と同時に耐性化の問題もはらんでいます。

ひとことに抗生物質、消毒薬と言ってもその種類や数は膨大で、医師と言ってもすべてのものについて把握するのは大変です。感染制御専門薬剤師はそれらについてより専門的に学び、必要に応じて使っていくことになります。

また感染制御専門薬剤師は、医療機関内でさまざまな感染症領域のスペシャリストとチームを組んで仕事をしていくことが特徴です。感染症専門医をはじめ、感染管理看護師、感染制御専門家などと協力して、院内の感染症の予防に努めることになります。

病院内で感染症に関するマニュアルを作成したり、他のスタッフへの指導、抗生物質や消毒薬のデータ収集や把握など仕事は多岐にわたります。

感染制御専門薬剤師になるには、薬剤師としての経験が5年以上必要なことに加え、関連学会の会員でなければなりません。さらに感染防止対策に3年以上関わる、講習で決められた単位を取得する、認定薬剤師であるなどいくつかの要件が必要です。

取得には時間も労力もかかりますが、今後ますます強化されていくであろう感染症対策の最前線で活躍できる可能性があります。興味のある方は、日本病院薬剤師会のホームページで確認してみましょう。