体に優しい漢方薬が人気を集めています!

漢方薬剤師の需要って多い?少ない?

ご存知のように、漢方薬局で処方される薬は漢方薬で、一般の調剤薬局と異なり、たいていの場合医師の処方箋による薬の処方ではないということです。漢方薬は化学物質から作られる新薬とは違い、自然界にある植物などを薬草として利用しているため効き目はゆっくりですが体に優しいことで人気があります。

実は漢方薬の調剤や診断には、一般の薬剤師という資格では足りず漢方薬剤師である必要があります。これは、正式名称が「漢方薬・生薬認定薬剤師」という民間の資格で、前提条件として薬剤師の資格が必要なうえ、試験に合格することが求められます。

漢方薬局で働くためには、薬剤師の資格取得後、漢方薬や生薬の専門知識を学び修得したうえで、漢方薬剤師の資格を得なければなりません。さらに、その資格は3年ごとの更新制なため、資格取得後も継続して知識の修得に励む必要があります。

薬剤師の資格さえあれば、漢方薬剤師の資格取得を目指して漢方薬局で業務を行うことはできます。ただ机に向かっての勉強だけで漢方薬の知識を修得するよりも、実際に現場で学んだほうが身につきやすいと考える人もいるようです。

漢方薬剤師の仕事は漢方薬を販売するだけではなく、その薬を服用する人からの健康相談に答えたり、体の状態を確認したりすることもあります。それをうけて薬の調剤を行ったりするため、薬局によっては、いつも人が集まり相談できる場を作ったり、たびたび相談会を開催しているところもあるほどです。

利用者の声をよく聞き、その人に合った漢方薬を調剤するには、まずコミュニケーション力が大切です。その意味では、黙々と仕事をするのが好きな人よりもどちらかというと人と話すことが好きな人が向いているといえますね。

漢方薬は一部を除き保険適用外にもかかわらず、長期に利用することで効果を得られるあるいは維持できる薬なので服用する人にとっての費用負担は大きいものがあります。ですから患者の立場で考えることのできる薬剤師が望ましいといえますね。

一般の病院やクリニックではほとんどの場合新薬が処方されます。しかし患者の中には副作用を心配して漢方薬を求める人もいるのです。それで、東洋医学を取り入れ漢方薬の知識を持った医師のいる病院では、処方する際漢方薬を用いるところもあります。

とはいえ東洋医学を専門に行い、漢方薬を処方する病院は圧倒的に少ないのが現状です。そのため漢方専門の薬局の数はとても少なく、ドラッグストアなどでは、あらかじめ薬剤メーカーが調剤した製品を扱っているのです。このようなことからみても、漢方薬剤師の需要は決して多くはないことを認識しておく必要があります。